オンラインロールプレイングゲーム『ファイナルファンタジーXIV』(以下、FF14)のゲーム内で使用されている名称が、大幅に変更される事が判明した。カタカナ、ひらがな、漢字名称が混在していたため、「名前がわかりにくい」という意見が寄せられていたという。

発売元のスクウェア・エニックスの『FF14』世界設定担当・岩尾賢一さんは、公式サイトに次のようなコメントを掲載し、名称の変更を報告している。

・ファイナルファンタジーXIV ゲーム中の名称について
「当初『ファイナルファンタジーXIV』は、北米ユーザーさまとのスムーズなコミュニケーションを重視し、システム名、地名、技名、アイテム名など膨大な名称の多くをカタカナでつけておりました。しかし、その結果、名前は長く複雑化する傾向にあり、意味が分からず覚えにくいので、カタカナ名称をできるだけ日本語名称化してほしい、との意見を多数いただきました。また一方で、より多くの日本人ユーザーさまに馴染みのある英語⇒カタカナ名称にしようとするほど、結果として英語本来の豊かな表現力を妨げてしまうことも憂慮されておりました。さらに今回『ファイナルファンタジーXI』スタート時よりもはるかに膨大な数の名称が必要となり、同系統の名称が大量にリストに並ぶことになりましたが、その際、カタカナ、ひらがな、漢字名称が混在していると、文字数や雰囲気が不ぞろいなため、どうしても見た目にいびつで見にくくなる、という問題も起きておりました。そこで、同カテゴリに属するいくつかの名称を漢字により日本語化することで文字数の平準化を図ることにいたしました。しかし、それが結果として読みづらい字や言葉を採ってしまったことはまことに配慮に欠けておりました」(世界設定担当・岩尾賢一さんの公式発表より引用

『FF14』のゲーム内では「チョコボ」が「馬鳥」と表現されている部分もあり、「中国仕様なのか?」と話題を呼んでいた。もしかすると、馬鳥もチョコボという表記に変更になるかもしれない? 以下は、この名称変更に対するインターネットユーザーの声である。

・インターネット上の声
「ミスリルとかチョコボまで変えたらもうFFじゃないおね」
「意味がわからんのだが」
「ちゃんとチョコボはチョコボにしろよ。モーグリまで怪我したら許さんからな」
「よく分からんがモンハンの真似しようとして失敗したって事でいいの?」
「海外優先で日本なんてどうでもいいって感じがプンプンします」
「チョコボではユーザが分かりづらいので馬鳥にしましたってことか」
「ファブラ ノヴァ クリスタリス ファイナルファンタジーXIII」
「ガード→盾備  ヘヴィスラスト→搦槍 ファストキャスト→奥儀:早詠 ミスリル鉱→霊銀鉱 チョコボ→馬鳥」
「こんなことより謝罪すべきところは山ほどあるだろ」
「上手く日本語にするならまだしも全くなじみのない漢字を使って無理矢理日本語だからなw」
「中国市場をメインに考えてんの?」
「これ中国語版の話だったと思ったのに日本語版だったとか・・・」

ちなみに『FF14』は、日本だけでなく北米やヨーロッパ諸国、そして中国でも発売される予定となっている。はたして、日本人になじみの深い、いつもの『FF』の表記に戻るのだろうか? 今から不安である。

Screenshot from ffxiv.com.
This image is used in accordance with copyright law number 32.