任天堂の人気ゲームソフト『ポケットモンスター』シリーズ。もうすぐ『ポケットモンスター ブラック』と『ポケットモンスター ホワイト』がニンテンドーDSで発売されるとのことで、広い層に人気を博している。

そんな『ポケットモンスター』の大会が、定期的に開催されている『ポケモンワールドチャンピオンシップス』だ。自慢のポケモンチームを作り、世界中の『ポケットモンスター』プレイヤーと戦いを繰り広げ、世界の頂点を目指すのである。そんな『ポケモンワールドチャンピオンシップス』日本大会で、信じられない出来事が発生したという

大会に出場しようとしたA君の『ポケットモンスター』がマジコンだったため、大会事務局がA君の参加を拒否。A君の母親は会場にいた友人B君の『ポケットモンスター』を借りて大会に出場しようとするも、A君に『ポケットモンスター』を貸すとB君が大会に出られないため、B君の父親は貸すのを拒否。当然といえば当然である。

……が、話はそこで終わらなかった。後日、A君の母がB君の父に「訴えてほしくなければ、ポケモンのソフトと大会の参加賞、そして賠償金をよこせ」と言ってきたのである!

A君の母は「私の可哀想な息子が大会に参加出来なかった。これはあなたと息子がソフトを貸してくれなかった事と、大会の係員が融通をきかせなかったせいだ。大会本部とあなたを訴える。訴えてほしくなければ、ポケモンのソフトと大会の参加賞、そして賠償金をよこせ」と、B君の父に話したという。

それに対してB君の父は「まず、根本的にマジコンは違法。そして、ポケモン大会は、任天堂がソフト販促のために開催しており、正規ユーザーしか参加出来ない。また、ソフト内には、俺の息子がプレイして育てたデータが入っており、そのソフトが無いと私の息子が参加出来ない。当然、あの場には、息子が参加するためにいた訳で、貸す訳が無い。あなたが出来る事は、サッサと帰って、A君に正規のポケモンを買い与え、次回の大会に参加する事だけだ。さっきから貴方の言っている事を聞いていると、脅迫にしか聞こえない。ここは無かった事にしてあげるから、サッサと帰れ」と返答。するとA君の母親がさらに激昂したので、ラチがあかないと思い、B君の父がA君の父に電話をして説得してもらう事に。

するとA君の父は「妻から内容は聞いている。そっちの言い訳は聞きたくない。だから、払うもん払え」と言ってきたという。あまりにも理不尽な状況のため、「警察呼ぶぞ」と言ったところ「お前が悪いのに、警察呼ぶってプギャー」と逆ギレしてきたというからオドロキだ。最終的にB君の父は警察を呼び、脅迫で被害届出すという事になりA君の母は警察に連行されていったという。

しかし、話はここで終わらない。なんと、A君の父はB君の父の取引先の社員だったのである。A君の父は「うちが悪いのは間違い無いが、学校の事もあるし、被害届は取り下げてもらえないか。示談で済ましたい」とB君の父に話してきたため、お互いのために弁護士を入れて示談で進めることになったという。

その後、このまま示談で終わると思いきや、A君の父側から「確かにうちが悪かったが、被害届は取り下げたのは、そっちの判断。脅迫は被害届は出さなかったんだから、うちが払わなくても良い。それより、か弱い妻に対して警察を呼んだ事が問題。女は守らなくてはいけない。取引先の関係もあるし許してやるから損害賠償を払うのはB君の父の方」と伝えてきたのである。

その後、お互いを知る人物が仲裁に入り、A君の父が完敗状態に。A君の父がB君の父と関係のない部署に異動してA君が転校し、ようやく解決に至ったという。『ポケットモンスター』とマジコンから始まったこの親子の戦い。どう考えてもA君家族の考えがおかしいのだが、B君の父は最後に「本当に、A君だけは可哀想だった。親が暴走しただけで、悪くないんだから」と語っている。

・今回の騒動の流れ
事務局 「息子A君のソフトはマジコンだから大会に出られませんよ」

A君の母 「ウチの息子Aが大会に出たいからB君の『ポケットモンスター』貸してほしい」

B君の父 「貸すとウチの息子Bが大会に出られないから貸しません」

A君の母 「貸さなかったから大会に出られなかった。訴えられたくなかったらソフトと参加賞と賠償金よこせ」

A君の母が警察に連行される。脅迫で被害届出す事に

A君の父 「こちらが悪かった。示談にしたい」 B君の父「示談にしましょう」

A君の父 「こっちが悪いがむしろそっちが賠償金を払え」

仲介者が入って解決。A君は転校することに

詳細を知りたい人は、この情報がまとめてある人気ブログ『ゴールデンタイム』をチェックしてみるといいだろう。余談だが、海外では『ポケットモンスター』のコスプレが流行っているようで、美少女たちがセクシーコスプレを披露しているようである。

Screenshot from gofanboy.com.
This image is used in accordance with copyright law number 32.