警察(福岡県警折尾署)に「加山雄三ですがラーメン一杯」と電話して逮捕された坂本雄三容疑者(59歳)が話題となっている。この男性は公衆電話から「自分は加山雄三。ラーメン一杯お願いします」、「チャーシュー入れて」などと警察(110番)に電話をし、業務を妨害したとして軽犯罪法違反で逮捕されたのである。

このニュースを報じている『YOMIURI ONLINE』によると、この容疑者は酒に酔っていたらしく、警察に対して容疑を否認しているという。容疑者は8月19日23:33から約30分の間に7回も警察に電話をし、ラーメンを注文しようとした。このニュースはインターネット上でも話題となっており、次のような意見が書き込みされている。

「ちょっとシュール」
「アホすぎるwww」
「こういうセンスある老人を刑務所送りにするのが今の風潮」
「もっとうまいこと言えよ。意味不明」
「壮大な一発ギャグだな」
「七回もラーメン注文するなよww」
「この人は悪くないな。アルコールという薬物を放置する社会が悪い」
「突っ込みどころ多すぎw」
「幸せだなあ・・・僕は、ラーメンを食べている時が一番幸せなんだ・・・」
「チャーシューいれたらチャーシューメンじゃねーか」
「このセンスはかなり切れる奴だな」

イタズラ電話は許されない行為だが、この容疑者のギャグセンスを絶賛する声もあり、インターネットユーザーの間では愛嬌のあるオジサンというイメージがついている。とはいえ、警察の業務を妨害した罪は免れないので、今後はこのようなイタズラはやめてもらいたいものである。

最近は変な事件が多く、『ストーカー行為をしたオウムが告発された事件』や『死刑判決で処刑された男性が実は無実だったかもしれない事件』、『一度も会った事がない女性とインターネット上だけで浮気して裁判で離婚判決になった事件』、『9歳幼女にチカンした男がその幼女に追いかけられて捕まった事件』などのおかしな事件が発生している。