アメリカのインターネットオークション『eBay』(イーベイ)に、不気味な商品が出品され話題を呼んでいる。その商品とは、古い人形の腕ばかり630個も集めたというもの。

同サイトは「電子レンジでチンしたiPad」や「有名作家の使用した便器」など、ときどき変わった商品が出品されてることがあるが、今回の人形の腕630個は不気味ずきる。海外のインターネットユーザーも驚いているようで、「気持ち悪い」や「まるでうじ虫」などの声があがっている。

人形の腕を大量出品しているのは、ドイツ・テューリンゲン州に住む人物。この出品者によると、家の近くにつぶれた人形工場があり、地面を掘り起こしたところ、大量の人形が出てきたという。人形は推定で1860~1920年代に作られたものだという。出品者はこのほかにも発見した人形の足や頭を大量に出品している。

この奇妙な商品に海外のネットユーザーは、「オーマイゴッド」、「気持ち悪い!」、「うじ虫、うじ虫、うじ虫、うじ虫、うじ虫」、「まるでホラー映画」など、不快感をあらわにしている。

しかし、商品の価格は評判に反してどんどん値上がりしている。1ドル(約85円)で始まったオークションは、8月20日未明で約7,800円という値をつけている。それにしてもこれだけ大量の人形の腕を購入した人は、いったい何に使うつもりなのだろうか? 購入者の使い道も気になる……。

Screenshot from boingboing.net/cgi.ebay.com.
This image is used in accordance with copyright law number 32.