アメリカのアトランタで開かれた心理学会で、『浮気』と『お金』についての興味深い報告が行われた。それによると、夫は妻より経済力が落ちると浮気を始めることが明らかになったという。

一方、妻は夫の稼ぎが増えると浮気しなくなるという。浮気は性格的なものが原因と考えられているようだが、どうやらお金とも密接な関係がありそうだ。

この報告はアメリカのコーネル大学の研究チームがまとめたもの。研究チームは2002~2007年までの間に実施された『アメリカ若年層成長研究調査報告書』をもとに、1年以上一緒に暮らしている18~28歳までの男女を調査した。その結果、同居する2人の収入と浮気にはある一定の関係性が見られたのだ。

女性が家計を支えている家庭の男性は、男女が同じくらい稼ぐ家庭の男性に比べて、5倍以上の割合で浮気する可能性があるという。反面、男性が家計を支える家庭の女性は、男女が同じくらい稼ぐ家庭の女性に比べ、浮気する率は半分以下であった。収入のほとんどを男性が稼いでいる場合は、女性が浮気をする割合はほとんどなくなるというのだ。

この結果について研究チームは、「男性が多く稼いだ方が、2人の関係は円満に保てる。男性は女性を養うという思考を無意識に持っており、その関係が崩れると、自らを不幸と考えるようだ。そのため浮気に走ってしまう」と説明。さらに、「男性の収入で養われている女性は、浮気が発覚すると生活が危険になるため、浮気の危険を避ける」と、男女の違いを語っている。

ちなみに男性についてさらに面白い報告がある。女性よりもはるかに高い経済力を持っている男性は、やはり浮気をするそうだ。お金にも時間にもゆとりが生まれるため、勝手気ままに遊んでしまうとのことだ。

最終的に男女の適正な経済力の関係は、女性の稼ぐ額が男性の収入の75%になるのがちょうど良いようだ。男性が月30万稼ぐとした場合、女性は22万5千円ということになる。お金は多いほど苦労も少ない。しかし、あまり多いと円満な関係を築けないようだ。適度に苦労を分け合える方が幸せなのかもしれない。