『iPod touch』を『iPhone』にしちゃうアダプター『Apple Peel 520』をご存知だろうか? 皆さんもご存知の通り、『iPhone』は電話とメール(SMS)を使用できるが『iPod touch』はできない。つまり、『iPhone』から電話機能を取り除いたのが『iPod touch』というわけだ。しかし、『Apple Peel 520』をカバーのように『iPod touch』に取り付けるだけで、電話とSMSの機能をつけてしまう事ができるという。

『Apple Peel 520』は中国で販売されているもので、実際にそれが可能なのかどうか不明だったが、実際に『Apple Peel 520』を使用して通話とSMSができたというレポートがインターネット上に公開され、話題を呼んでいる。

『Apple Peel 520』を実際に使用してレビューをしているのは中国のIT情報ブログ『PC online』。『Apple Peel 520』はカバーとしてはやや分厚く、カバーの内側にバッテリーとSIMカードを装着できるようになっている。つまり、『iPod touch』から電気を供給するわけではないようだ(していたとしても『iPod touch』の電力では足りないようである)。

『Apple Peel 520』に電池とSIMカードを装着したら、カバーにはめ込むように『iPod touch』を入れる。『iPod touch』本体下部のコネクターで『Apple Peel 520』とつなぎ、データ転送を行うという。ブラウザを使用してのインターネット等はできないようで、あくまで通話機能とSMS機能が付加されるだけのアダプターと考えたほうがよさそうだ

実際に使用してみたところ、「マジで電話とメールが使えるようになった」らしく、普通にプッシュ画面が表示されて、普通に通話ができたようである。

中国で購入すると388人民元(約4932円)だが、日本のインターネットショッピングサイト『Yahoo!チャイナモール』では1200円程度で売っている店もあるため、本物なのかどうか見極めて購入する必要があると思われる。本当に信頼できるインターネットショッピングサイトで購入するか、店頭で実際に手にとって本物なのかどうか確かめてから購入するのがいいだろう。

ちなみに、中国ではプリペイドSIMカードがどこでも手に入る。空港でもSIMカードの自動販売機があり手軽に購入できるので、中国旅行がてら『Apple Peel 520』と『iPod touch』を組み合わせて試してみるのも楽しそう……と言いたいところだが!『Apple Peel 520』で通話とSMSを利用するには『iPod touch』に「どんな非公式アプリでもインストールできるようにするソフトウェア的な改造」をしておく必要があり、当編集部としてはオススメできない。

すでに気がついちゃった人もいるかもしれないが、『iPod touch』と『Apple Peel 520』を買うより「そもそも中古の『iPhone』買った方が安くて手軽でイイんじゃない?」というツッコミはご遠慮願いたい。

Screenshot from mobile.pconline.com.cn.
This image is used in accordance with copyright law number 32.