京都新聞サイトが『10日前後、7惑星ほぼ一直線に』というタイトルの記事を掲載している。作花一志京都情報大学院大教授によると、「10日前後には地球を含め7惑星がほぼ一直線に並ぶ」との事。

つまり、太陽系の惑星が直列にピィーーーンと並ぶという事? これはすごい現象だ! すごい一体感を感じる。今までにない何か熱い一体感を! ファンタジーだ! しかし、地球から夜空を見てもキラキラと星が光っているだけで直列に並んでいるという実感が沸かない……。

そこで思い出したのが、『iPad』や『iPhone』のアプリケーションソフト『Solar Walk』(ソーラーウォーク)だ。このアプリは、リアルタイムに太陽系の太陽と惑星の動きをシミュレーションできるもので、現在の惑星の位置や、未来や過去の惑星の位置を知る事ができるスグレモノ! しかもリアルな宇宙空間を表現している人気のアプリでもある。

この『Solar Walk』を使って2010年8月10日前後の太陽系をシミュレートしてみれば、直列に並んでいる惑星を見ることができるのでは!? ということで、さっそく『iPad』で『Solar Walk』を起動させ、ギュィィィィィィィィィンと8月10日までタイムスリップ! すると……、確かにほぼ直列に並ぶ太陽系の惑星たちの姿があった! これはスゴイ! 本当に直列に並んでいる!!

完全に直列にはなっていないものの、ほぼ直列と言っていいくらい惑星たちが並んでいる。もしかすると、重力や何らかの見えない力によって、地球に影響が出るかも!? とりあえず、8月10日はちょっとファンタジーな気分になって夜空を見あげたいと思う。……『iPad』見ながら。

Screenshot from Solar Walk.
This image is used in accordance with copyright law number 32.