面白情報をまとめて掲載している人気ブログ『VIPPERな俺』が、非常に興味深い日本地図を掲載して話題を呼んでいる。その地図は日本の都道府県を100個以上に増やした地図で、実在しない金沢県や横浜県、佐渡県、札幌県、木更津県などが書かれているのだ。

実際、神戸を県だと思っている人が多くいると聞いた事があるが、そのレベルで都道府県を増やしていったら100個になった……、というような地図となっている。とにかくいろんな意味ですごい地図になっている。

この地図はインターネット掲示板『2ちゃんねる』に『都道府県を100個以上に増やしてみたwww』というタイトルで掲載されたもの。この地図にインターネットユーザーたちは感激し、次のようなコメントを寄せている。

「とりあえず名古屋県を確認して満足した」
「仙台県ひろす」
「宇都宮県復活か、胸が熱いな」
「なんで岡崎県なんだよ豊田県だろks」
「全国的な知名度を考えれば沼津県より富士県か伊豆県にするべきだな」
「大阪は、河内県、泉州県、摂津県に分けろ。兵庫は、阪神県、淡路県も入れろ」
「すごくさりげなく山口の一部が九州に吸収されてる辺り胸が熱くなるな」
「山形を4つに分けるとか、やるじゃん」
「神奈川県解体かよ」
「尼崎は大阪府が吸収」
「おおお、福島がしっかり四分割されているwww だけど福島市の部分だけ仙台県に入れろや」
「すげぇ時間の無駄だけどちょっと面白いw」
「大阪府は、北摂県、摂津県、河内県、大阪府、堺県、泉州県に分けるべき」
「宮古県の北端2町村は盛岡県に入れた方がいいな。アクセス考えるとそちらのが自然」
「何かよくわからないけど凄いです」

都道府県の分け方に賛否両論あるようだが、ほとんどの人たちがこの地図の完成度に感心しているようである。もしこのような都道府県の分裂が現実のものとなれば、もしかすると地域密着型の政治が可能になったり、観光名所などが増えて地域活性化が期待できるかもしれない!?

Screenshot from blog.livedoor.jp/news23vip.
This image is used in accordance with copyright law number 32.