検索エンジン『Google』が提供している地図検索サービス『Googleマップ』の検索結果がおかしなことになっていると話題だ。なんと、千葉県がフィリピン海に面しているという不思議な地図が表示されるのだ。

この大発見をしたのは掲示板サイト『2ちゃんねる』のユーザー。『Googleマップ』で検索すると、千葉県富津市近海がフィリピン海になっている地図が表示されるという。本来ならば東京湾のはずなのだが……。

試しに『Googleマップ』で『千葉県富津市』と検索してみた。すると、確かに『県立島津公園』の前に広がる海はフィリピン海だった。地図を上下に移動させてみると神奈川県三浦市もフィリピン海に面しており、高速道路『東京湾アクアライン』が横断しているのもフィリピン海と表示されていた。

これに対してネット上では「Google先生が言ってるなら仕方ないな」、「多摩川はフィリピン海へと続く」、「千葉とフィリピンは続いていたのか」、「なんだ千葉はフィリピンだったのか」、「どうりで最近暑いと思った」などの声があがった。

フィリピン海は日本と台湾、フィリピン、ミクロネシアに囲まれた海。日本においては、伊豆半島より西がフィリピン海ということになる。どうして千葉県や神奈川県がフィリピン海に面しているという地図が表示されるのだろうか。何か重大なヒミツが隠されているのかもしれない。

Screenshot from maps.google.co.jp
This image is used in accordance with copyright law number 32.