インターネット掲示板『2ちゃんねる』に作られた『こどもの頃してた勘違い 』という掲示板が話題となっている。幼少の頃、信じて疑わなかった事実。今考えると「アホだったなあ」と思うことを子どものときはマジメに信じていた。皆さんにも、そんな記憶はないだろうか?

たとえば、「ヨーロッパという国があると思ってた」や「キスしたら妊娠」などは多くの子どもたちが勘違いしていた、間違った事実だと思われる。いろいろと子どもの頃の勘違いが書き込みされている掲示板から、いくつか抜粋してここに紹介したいと思う。

「横浜県」
「波浪警報 → ハロー警報」
「たいふういっか → 台風一家」
「海の水が川に流れ込んでると思ってた」
「言葉の『神のみぞ知る』を『神の味噌汁』だと思ってた。すごい美味いのかと」
「北島三郎と水前寺清子は夫婦」
「汚職事件 → お食事券」
「わんわん戦争 = 湾岸戦争」
「月極 ← げっきょく」
「加齢臭 → カレーの匂いがする」
「女の子は優しい」
「アジア国。ヨーロッパ国」
「車内アナウンスは天井裏にしがみついたお姉さんが大声出してる」
「ヨガ = 手足が伸びる」
「いつかテレフォンショッキングに呼ばれると思っていた」
「従姉妹としか結婚できないと思ってた」
「キャッツアイは子供が見てはいけないアニメだと思ってた」
「世界は日本とアメリカとヨーロッパだけで出来ている」

面白い書き込みとして「千利休=せんのりきゅう → 利休=のりきゅう」や「ダイイングメッセージ → ダイニングメッセージ」、「とうもころし」、「湿度100%=水」、「デヴィ婦人をインドネシア人と思ってたよ」、「こち亀の部長と両津は親子だとおもってた」、「ばあちゃんの写る白黒写真を見て昔の人は色のない世界だったんだと思ってた」、「赤ちゃんはお尻の穴から生まれる」などもあった。

「親と血が繋がってると思ってた」というシビアな書き込みもあったが、本人にとってはかなりの衝撃的事実だったに違いない。ほかに興味深い書き込みとして、「地球人類みんな仲良し」というものもあった。その勘違いだけは本当であってほしかったが、残念なことに現実は厳しそうだ。

Screenshot from Creative commons license.
This image is used in accordance with copyright law number 32.