絶大な人気を誇る人気漫画家の濱元隆輔(はまもと りゅうすけ)先生を含む数名の漫画家が、出版社の漫画賞に届いた素人の漫画をインターネット生放送で全国に配信したと噂になっており、物議をかもしている。

詳細は現在確認中だが、現在ある情報をまとめると、出版社に届いた投稿漫画を漫画家が編集者から受け取り、それを作者(投稿者)に無断でインターネット生放送『USTREAM』で配信したといわれている。

実際にその放送は動画共有サイト『ニコニコ動画』にも転載されていることから、生放送で新人漫画家の晒(さら)しあげがあったのは事実のようである。「今日は何してるんですか?」という視聴者の問いに、濱元先生は「配信で評価なう」と返答。これが編集部と漫画投稿者の双方の許可を受けて放送しているのならいいのだが、どうやら、そうではないらしいのだ。濱元先生や他の漫画家たちは、この投稿漫画を生放送内で酷評している。

あまりにモラルがない行為だと感じた人物が、「漫画家の中には、このように常識の欠片もない人達が存在するということも皆さんに知っていただきたい」という意図のもと、『ニコニコ動画』に動画を転載。「新人賞に送られてきた作品を配信で晒すという信じられない状況。真面目な批評をするならギリありでしょう。しかし浴びせられたのは罵詈壮言」と怒りをあらわにしている。

さらに「こんな仕打ちを受けても業界で生きていくためには抵抗してはいけないという新人漫画家の立場。そしてプロ漫画家のモラル。いかがでしたか?」ともコメントしており、プロ漫画家による暴挙として問題視している。動画の転載にあたり濱元先生に確認を取ったところ、「勝手にしろ」と言われたという。

しかし、晒されている漫画が「アシスタント応募として他の漫画家に投稿された漫画」という話もあり、現時点で濱元先生たち漫画家数名を責めるのは早計かもしれないし、ちゃんと配信許可を得たうえで『USTREAM』で配信した可能性も十分にある。

特に濱元先生はビックリするほどキュートな美少女を描く漫画家として定評があり、ファンにとってカリスマ的存在でもある。そんな濱元先生が何も考えずにモラル違反をするとは思えない。この件に関して新たな情報が入り次第、またお伝えしていきたいと思う。

Screenshot from nicovideo.jp.
This image is used in accordance with copyright law number 32.