ドイツ人がリサイクルに積極的なのはその制度にあった

環境先進国ドイツでは飲み物を買う場合(レストラン・カフェなどは除く)、瓶、ペットボトル、缶などはほとんどの場合、デポジット金を取られる。この代金は後で容器をスーパーやコンビニ等に返却すれば戻ってくる。

このシステムはドイツの法律で決められており、購入の際にはあらかじめこの容器代が商品の値段に加算されている。払ったものは返してもらわなければ損ということで、ドイツの人達はせっせと空き容器をためては大きな袋にパンパンに詰めて返金してもらいに行く (ドイツは日本と比べるとビン入り飲料が圧倒的に多いため、返却の際、大量に運ぶとかなりの重さになる)。

ビンだけでなくペットボトルも、原料化ではなくその形のままリユースするため、店頭で売られている商品も表面は擦り傷だらけである。ペットボトルもヘコませたりするとリユース出来なくなるので怒られることもあるのだ。

容器のデポジット代は瓶が0,08ユーロ、ペットボトルが0,15から0.25ユーロ。数を集めれば結構いいお金になるので空き容器を集めて生活している人もいるほどだ。

また、預かり金を必要としない調味料やワインなどのガラスビンは、街の中に点在しているリサイクル用の「空ビン回収コンテナ」に、白(無色)・緑・茶の3色に色分けをして投入する。ガラスがコンテナの中でぶつかり合って割れる際にかなりの騒音を出すので、投入可能な時間帯も決められている。このコンテナは、周期的にトラックで回収されて、ガラス製品の再生に利用される。

リサイクルや分別は面倒なこともあるが、このデポジット制はお金が返ってくるので皆積極的にリサイクルに励む良い方法である。日本でも採用してみてはどうだろうか。

記者:須久和

コメントをどうぞ

  1. >ペットボトルも、原料化ではなくその形のままリユースする
    日本もこうすればいいのにね

  2. >日本もこうすればいいのにね
    衛生面的にまずいんじゃない?

  3. 日本も硝子瓶メインの時代はデポジット当たり前だったんだけどね。
    再利用可能なごついペットボトルと、なるべく薄く原料減らすペットボトルと
    どっちが正解なのかは正直微妙、洗浄にかかるコストとCO2も馬鹿になんない。

    こういう記事書くならもう少しお勉強してからその辺織り交ぜたほうが良くないですか?

  4. 日本も昔は缶を機械に入れると10円が戻ってくるシステムあったんだけど、すっかり見なくなった。

トラックバック

  1. トラックバックはまだありません。
  2. トラックバックURL

みんなのお気に入り

いま人気の記事

  1. 【衝撃画像】恐怖の副作用! 筋肉増強剤を服用していた女性ボディビルダーの20年後があまりに切ない 174人
  2. これはヒット商品の予感! 世界一ウマイといわれる料理を再現した「カップヌードル マッサマンカレー」がめっちゃクセになる 68人
  3. 想像の斜め上をいくデカさ! 超特大エビフライ「わらじフライ」を食べてみた / シッポがなければ見た目はほぼトンカツ 62人
  4. 【動画あり】『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の「ホバーボード」が2015年10月に出荷予定 / プロスケートボーダーが試乗してみた 61人
  5. 『一番美味しいビーフシチュー』を出すファミレスはドコか実食調査!味は「ロイヤルホスト」 バランスは「デニーズ」 コスパは「ステーキのどん」 52人
  6. 音作りのプロが教えるブッ飛ぶほど最高な iTunesイコライザ設定「Eargasm Explosion」がコレだ!! 50人
  7. 【閲覧注意動画】見ているだけで寿命が縮む! 超高層ビルの頂上に登ったロシア人たちが命知らずでヤバすぎる!! 50人
  8. 女性が「角度」にこだわって写真に収まる理由が一発でわかる写真 47人
  9. 【奇跡の瞬間】ニシキヘビに絡み付かれて絶体絶命の犬が死の淵から舞い戻るまでの救出劇 36人
  10. 1個20円で高級チョコ並にウマい「ボノボン」にニュータイプが登場だぞーっ! ガッツリ食べたいヘビー級チョコ「ビッグブロックボノボン(30円)」  35人