宇宙研究の権威で理論物理学者のスティーヴン・ホーキング博士が、ドキュメンタリー番組『ディスカバリーチャンネル』で宇宙に関する警告を発している。「宇宙人に遭遇しても、接触してはいけない」という注意を呼び掛けているのだ。宇宙人との遭遇に関するニュースは、世界各地で報告されているが、真相が不確かなものも多い。しかし、ホーキング博士の警告には、宇宙研究の権威ならではの説得力がある。科学者が注意喚起するほど、宇宙人の存在は明らかなものになっているのだろうか?

このニュースは英タイムズ紙が報じている。5月9日(現地時間)からディスカバリーチャンネルで放映予定のホーキング博士の番組を紹介し、この博士の警告について伝えた。博士によれば、「地球以外の地域に生命体が存在する可能性は非常に高い」と語り、1000億の銀河で構成される宇宙に、地球人だけが知的生命体であるはずがないと説明した。

【宇宙人に関する記事をもっと読む】

「もし、地球外の知的生命体が接触して来た場合、地球環境にどのような影響を与えるか不明だ。地球生命の免疫系に致命的な損傷を与える可能性がある。それは例えば、コロンブスが新大陸(アメリカ)に到達した時に、北米先住民の免疫力が弱く全滅した状態を再現することになるだろう。だから、宇宙人には接触してはいけない」とホーキング博士。

なお、今年の初め、天体物理学者のマーチン・リース博士も、講演の中で同様の警告をしている。リース博士も「宇宙人は人知を超えた存在」と示唆した。科学者たちの警告はかなり真実味を帯びており、なるほどと思わされるものがある。科学者たちが言うように、宇宙人が姿を現す日は、そう遠くないのかも知れない。

Screenshot from timesonline.co.uk This image is used in accordance with copyright law number 32.

■参考リンク
timesonline.co.uk