今年3月、中国で101歳のおばあさんに角が生えていると話題になった。このおばあさんは額の左側に黒色の長さ6cmにも及ぶ立派な角が生えている。実は角が生える症例は意外にも歴史が古い。西暦1500年頃から文献にも報告されている。この不思議な事態に見舞われた7人の人物についてご紹介しよう。

なぜ角が生えてしまうのか、その原因は解明されていない。皮膚の角質が硬化して角になるという説が現在もっとも有力視されている。いずれのケースも元々は柔らかいこぶ(肉の塊)が頭部に出来て、それが次第に硬くなっていくようである。以下は近年報告された人物たちだ。(括弧内は報告された当時の年齢)

・チェン・ズーさん(88歳 男性)
中国のチェンさんは2006年に頭の右側に小さな角があることがメディアに報じられた。元は小さなこぶであったものが、次第に膨れ上がり、角のような突起に変わった。医者の診断によれば、皮質過形成(皮膚の色素が沈着し黒くなる病気)と診断された。チェンさんは診断後に、すぐに手術を受け角を切り取った。

・マ・ジョン・ナンさん(93歳 男性)
中国の小さな村に住むマさんは高額な手術の援助を募るため、07年にメディアの取材を受けた。彼は頭の上に約10cmの角が生えていたが、地元の医師らが治療を出来ないと診断したため、国内の他の病院に治療の働きかけを求めたのだ。彼は2002年頃、自らの髪を切っていた際に、頭皮を傷つけてしまった。その傷を放置していたら、わずか半年で10cmもの角が生えてきた。

・チャオさん(95歳 女性)
中国の湛江(じんこう)市に住むチャオさんは、中国広州の地元新聞で紹介された。額から鉤爪(かぎづめ)のような曲がりくねった角が生えている。最初は小さなほくろだった。痛いということはないのだが、視界を遮って邪魔だとチャオさんは説明している。

・サレー・タリブ・サレーさん(102歳 男性)
イエメンのサレーさんは70歳を越えた頃から、繰り返し自分の頭に角が生える夢を見ていた。78歳のある日のことそれが現実のものとなるその日まで繰り返し夢を見ていたのだ。彼は左耳の上辺りに10cm以上もある太い角が生えている。2007年、彼の存在を知った地元メディアが彼を取材した。サレーさんによれば、この角はイスラム教の神アラーの贈り物だという。病院では切り落とすように勧められたのだが、神からの贈り物であるとして彼は切除を拒んだ。

・アブドル・ラザクさん(80歳代 年齢の詳細不明 男性)
インドで警察官として働いていたアブドル・ラザクさんは、退職後に角が生え始めた。しかも1本ではなく、複数本の角が彼の後頭部には生えている。彼は普段から至って普通に生活しており、何がきっかけで角が生え始めたのか本人にも分からない。08年に指の長さほどある1本の角が折れたそうだ。しかしまだ他に5本の角があり、度々壁や天井にぶつけてしまい、痛みに苦しむそうだ。

・名前不明(69歳 女性)
この女性は、20cmにも及ぶ長さの曲がりくねった角が額から生えていた。08年に彼女は病院を訪れ、生え始めたてから20年を経過する角の診察を初めて受けた。彼女は外科手術を受け角を取り去った。

・チャン・ルイファンさん(101歳 女性)
最近報告されたのが、中国河南省に住む101歳のチャン・ルイファンさん。チャンさんは1年前に額の左側に小さなこぶのようなものを発見した。あまり気していなかったのだが見る間にこぶは大きくなり、1年で6cmも成長。チャンさんは今年3月に中国メディアで紹介され、手術で切除する機会に恵まれた。しかしチャンさんは手術を拒否したそうだ。

研究によると、角は男性の場合は55歳以上、女性では65歳以上の人に現れる兆候があるとのことだ。人間の身体にはまだまだ知られざる秘密があるようだ。

capture by odditycentral.com

▼ チェン・ズーさん

▼ マ・ジョン・ナンさん

▼ チャオさん

▼ サレー・タリブ・サレーさん

▼ アブドル・ラザクさん

▼ 名前不明の69歳女性

▼ チャン・ルイファンさん

■ 参考リンク
odditycentral.com