タイでは、『吉野家』にソックリな『牛野家』が大盛況だという。本誌記者が2年前に取材した際は1店舗しかなかったが、2010年3月には3店舗目が開店。どんどんチェーン展開を広げていくようだ。

『牛野家』は看板や販売しているメニューが吉野家とほとんど同じで、牛丼(120バーツ / 約360円)や豚丼(80バーツ / 約240円)、味噌汁、生卵など、様々な『吉野家』と同じ名称の料理を堪能できる。

何よりも驚くのは、「本家『吉野家』よりも美味しい」といわれているところ。本誌記者も実際に食べてみたが、確かに『吉野家』と同等か、それ以上の味があると言っても過言ではないクオリティーだった。しかし、味にムラがあるようで、日によって前日とは違う味になっている事もあるという。

ちなみに『牛野家』は「うしのや」とは読まずに「ぎゅうのや」と読む。さすがにそこまで似せると問題があると思ったのだろうか? とりあえず美味しいのは確かなので、タイに行った際には一度行ってみるといいかもしれない。

■牛野家(GYUNOYA)詳細データ
タイランド・バンコク・タニヤ通りの路地にある牛丼屋で、『バンコク女学園』のすぐ近くにある(場所がわからないときは付近の人に聞けば誰でも知っている)。営業時間は11:00~26:00で年中無休、テイクアウトも可能。メニューは牛丼120バーツ、豚丼80バーツ、豚キムチ丼 100バーツ、鮪丼(まぐろどん)180バーツ、生卵20バーツ、味噌汁20バーツ、豚汁30バーツ、御新香20バーツ、生野菜サラダ20バーツ。ドンブリものにはそれぞれ大盛りがあり、20~40バーツ増。ちなみに10バーツは30円。バーツ価格の3倍の数字が日本円になると考えてよい(つまり牛丼 180バーツは540円)。

Photo by Rocket News24 Staff / 本誌記者撮影
Correspondent: Kuzo


日本とは違う中国の『吉野家』! どこが違うの?
 

Photo by Rocket News24 Staff / 本誌記者撮影