通販ショップ『GENO』がB-CASカードを単体で販売しているとインターネット上で話題になっている。従来のルールに沿って考えればB-CASカードは単体で販売される事はなく、BSデジタル放送をはじめ、地上デジタル放送や110度CSデジタル放送を受信できるテレビ購入時等に付属してついてくるもの。

つまり最近のテレビには黙っていてもついてくるカードであり、逆を言えばテレビ等を購入しないと入手できないものだった。それが単体で販売されているのだから、話題にならないはずがない。そんなに重要なものなの? と思う人もいるかもしれないが、B-CASカードがないとBSデジタル放送、地上デジタル放送、110度CSデジタル放送を視聴することができないため、なくしてしまった場合は再発行をしなくてはならない。

しかし予備としてB-CASカードを所持している事により、なくしても安心というわけだ。……とはいうものの、そもそもB-CASカードを単体で販売することはB-CASカードを発行している株式会社ビーエス・コンディショナルアクセスシステムズが許可していないはずで、インターネット上でも「どこから仕入れてくるんだこんなの」や「売っていいんか? というかどこから仕入れたんだ?」という声があがっている。

通販ショップ『GENO』もヤバイ商品だと思っているのか、『ビィ-〇ャスカード』という名称で販売。「こちらの商品に関してお問い合わせされてもお答えする事が出来ません。ご理解の上、お買い求め下さい」と商品説明に記載している。とはいえ、イメージ画像に「BS Conditional Access Systems」と堂々と書かれているのでB-CASカードなのはバレバレである。

単品販売されているからといって、B-CASカードを購入したとしてもスグに役に立つものではない。インターネット上では「買うぞ! 急げ!」というよりも、どうして単品で販売することができているのか? その部分について議論されている。また、B-CASカードを管理している株式会社ビーエス・コンディショナルアクセスシステムズの通販ショップ『GENO』に対する対応も気になるところである。

Photo by GENO