先日ご紹介した『犬の年齢が一目で分かる図』が好評を頂いたのだが「猫のはないの?」というお声を多く頂き、今回は猫の年齢が分かる図をご紹介したいと思う。これを見れば猫の年齢が一目でご理解頂けるだろう。

この図を紹介しているのは猫の情報サイト『Catster』。猫も犬同様に、生後2年以降から老化が速まる。犬は大きさによって計算年齢が変わったのだが、猫は居住環境によって年齢計算が変わる。室内で飼われている猫と、戸外で暮らす猫では、老化の速度が全く違うのだ。同じ14年間を生きた猫でも、室内猫は72歳であるのに対し、戸外猫は120歳と50歳近くも年齢に開きが出る。これは、戸外の方が事故や病気に遭遇する危険性が高いため、戸外の猫の方が早く老化する。

・生後1年 年齢15歳
・生後2年 年齢24歳

・室内に居る猫 2年目以降、1年ごとに4歳ずつ加算
・戸外に居る猫 2年目以降、1年ごとに8歳ずつ加算

猫は一般的に犬に比べて長生きと考えられている。20年近く生きる猫も珍しくない。しかし、飼い主の世話の仕方や、遺伝的な要因で寿命は左右されるとのことだ。特に家を出入りする猫は、他の猫から病気をもらう可能性もあるので、年老いている場合は注意が必要である。