イギリスで、珍しい6本指のネコ2匹が保護されて話題になっている。28日(現地時間)、イギリスのデイリーメール紙が伝えたもので、この2匹は兄弟だという。

現地時間の28日、イングランド東部のケンブリッジにあるブルークロス動物保護センターに、「プディング」と「ベイビー」という名前の2匹のネコがやってきた。飼い主がネコアレルギーになってしまい、これ以上飼えないという理由から預けられたのだが、彼らを見て職員は驚いた。なんと、2匹ともそれぞれの足が6本指という珍しいネコたちだったのだ。

専門家によると、普通のネコは前足に5本、後足に4本の指があるが、まれに指の多いネコが生まれることもある。しかし、兄弟そろってすべての足に余分な指があるネコというのは非常に珍しいそうだ。

同センターのマギー・ロバーツさんは「とても心優しいネコたちです。可愛がってくれる飼い主を探しています。2匹合わせると余分な指が12本ありますが、害はありません」と話している。

ヘミングウェイが幸運を呼ぶと信じていた6本指のネコだけに、飼いたい人もたくさんいるのではないだろうか。なお、ギネス認定の“世界で最も指が多いネコ”は7本指、計28本の指を持つカナダのネコだそうだ。