メガネがチャームポイントの美人妻が、自身の母乳をオンラインショップで販売し話題になっている。このメガネ美人妻はカナダ在住のサラ・ウィーンズさんで、愛するサイモン君の母親。サイモン君は牛乳にアレルギーがあり、ずっと母乳を飲ませていたと言います。世の中には母乳があまり出ない人や、牛乳アレルギーの赤ちゃんが多くいると思い、自分の母乳を販売することに決めたそうだ。

サラさんはインターネットショップサイトに自身の母乳を出品し、200~500ドルほどの価格帯で販売しているとの事。日本円にすると約2~5万円ほどするため結構高額な気がしなくもないが、購入者の多くは「妥当な値段だ。決して高くない」と思っているようである。

衛生面で心配している人もいるらしいが、サラさんは「皆さんの不安は理解できますが、少なくとも私は病気ではありません。そのあたり、皆さんの信頼を得る必要があることも理解しています」と話している。しかしサラさんの母乳はいつまでも出る物ではない。サラさんは、あと三ヶ月くらいは出ると予想しているようだ。

母乳が出すぎて乳房が痛くなり、仕方なく搾り出して破棄してしまう母親も多くいるという。それを考えれば、できるだけ有効活用しようというサラさんの母乳ビジネスは、サラさんにとっても、利用する他の母親たちにとっても嬉しい事かもしれない。

Photo: cnews.canoe.ca