イギリスのデイリー・メール紙が18日紹介した、天使のような表情で眠る赤ちゃんの写真が話題になっている。アメリカ人の姉妹写真家・Tracy Raver さんとKelley Rydenさんが撮影したもので、新しく発売される写真集に収められる。

これらの写真のほとんどは、米ネブラスカ州の彼女たちのスタジオで、適正な温度と自然なライティングのもと3~4時間かけて撮影された。ニットの毛布にくるまれていたり、ハンモックに横たわっていたり、バスケットのなかに入っていたりとユニークなシチュエーションで、生後10日以内の新生児が眠る様子を写している。

不思議なポーズをしている赤ちゃんが多いが、その秘密は生後5~10日の新生児をモデルにしていることにある。それぐらいの赤ちゃんは柔軟性があるため変ったポーズでぐっすりと眠るそうで、Kelleyさんはそれを“カーリー・ポーズ(curly’ poses)”と呼んでいる。また、カナダ人の写真家で理学療法士でもあるStephanie Robinさんの助けを借りていることも大きなポイントだ。

同紙では「雪のように白い肌と小さな手足、バラのような唇は“眠りの森の美女”と呼びたくなるほど美しい」と大絶賛している。

▼赤ちゃん1

▼赤ちゃん2

▼赤ちゃん3

▼赤ちゃん4

▼赤ちゃん5

▼赤ちゃん6

■参考リンク
Shhhhh, we sleeping beauties are trying to get some shut eye! The amazing pictures of snoozing newborns