bayo

今週の10月22日(木曜日)に発売される週刊ファミ通のクロスレビュー(ゲーム批評コーナー)で、プラチナゲームズ開発の新作アクションゲーム『ベヨネッタ』(SEGA)が40点満点という快挙を成し遂げたとの情報が入ってきた。

週刊ファミ通は発売前のゲームを4人のベテランケーマーたちがプレイし、10点を最高得点として採点をしている。4人合計で40点が満点ということになるのだが、『ベヨネッタ』がその40点満点を獲得したというのだ。

この情報はゲーム情報ブログ『アタシ的ゲーム速報@刀』が10月19日(月曜日)に報じたもので、ロケットニュース24編集部が独自にゲーム関係者に問い合わせをして話を聞いたところによると、確証はないが40点満点という話が流れていることが判明した。

40点満点のゲームソフトは1年に1~2本あればいいほうで、ここ最近では『ドラゴンクエスト ~星空の守り人~』や『モンスターハンター3』が40点満点を獲得している。2008年には、『428~封鎖された渋谷で~』や『メタルギアソリッド4』が獲得していた。

もし40点が本当であれば、『ベヨネッタ』も人気ゲームの仲間入りとなるのは間違いない。前評判が最高に良かったPS3のゲーム『アンチャーテッド2』でさえ37点だったことから、『ベヨネッタ』がどれほど面白いのか今から期待せずにはいられない。

※やはり情報は正しく、40点満点だったようだ(2009/10/20/16:26)。

(C)SEGA