現代化が進むとともに結婚や離婚の概念にも変化が生じつつある大都会・上海。離婚の危機に直面している夫婦向けの「お試し離婚」という商売が出現したようだ。

【お試し離婚の画像を見る】

「・・・もういい、離婚だ!」と半ば衝動的に離婚を口にしまっても、「お試し離婚」があれば半年~1年の猶予期間を設けることができる。それでもダメなようなら正式離婚手続きとなるし、やっぱりやり直そうという事であれば「お試し離婚契約」を「破棄」することができる、というものだ。「お試し離婚契約」の内容は主に、「妻は現在の住まいに引き続き住むことができる」「期間中はお互いのいかなる自由も妨げてはならない」「子供は妻が面倒を見、夫は子供と会うことができる」「両親、子供に『お試し離婚』の旨を知らせること」などが盛り込まれているという。サービス費用は簡単なものなら50元(約700円)程度、当事者あるいはその家族による猛烈な反対などで「お試し」すら困難な場合の説得が必要な場合は3万元(約42万円)程度とさまざまであるという。

「お試し離婚」ができるということは、そのうち「お試し結婚」サービスなるものも出てくるかもしれない。

■参考リンク
新華網の記事(中国語)

記者:やながわ(from cocolognews)