apel1

アメリカ合衆国イリノイ州シカゴに住む女性がいる。彼女は妊娠しているが夫はおらず、無事に出産すれば未婚の母・シングルマザーとして生活を送ることになる。しかし身ごもった赤ちゃんは出産前から不治の病であることが意思から伝えられていた。この女性は赤ちゃんを出産するのかしないのか……。

そんな実録ブログを執筆し、多くの人たちから大注目を浴びるようになったブロガーの“エイプリル・ママ”。このブログを読んだ人たちからは「赤ちゃんをおろすべきではない」、「彼女の幸せを第一に考えるべきだ」などのコメントが多く寄せられるようになり、またたく間に週に数十万人が訪れるカリスマブロガーへとなっていった。

そして彼女はついに赤ちゃんを出産。不治の病にかかっているため、生まれて間もなく7日目の夜に息を引き取ったのだという……。あまりにも悲しい結末だ。

しかし! このブログの内容すべてが嘘であったことが発覚した。彼女はシングルマザーでも未婚の母でもないし、妊娠もしていないという。このことに対して、いままで彼女のブログを真実だと思って親身になってきた人たちは「許せない! 責任を取れ!」と怒っているという。どうして嘘であることがバレてしまったのか? それは、意外にもシンプルな理由だった。

彼女が自身が生んだとして掲載した赤ちゃんの写真が、人形だということがバレてしまったのだ。彼女が抱いていた赤ちゃんの人形は精巧に作られていて一見すると本物の赤ちゃんに見えるものの、「この人形、私も持っているわ!」という読者が出現。すぐにバレてしまったのである。

かつて日本では “アイドルがブログで本音を言い過ぎて炎上した” ということはあったが、ブログに書いていたすべてが嘘で炎上したという話は聞いたことがない。

嘘ブログを書いた女性の父親は、自分の娘に対して人を感動させることができる文才があるとしながらも「深く反省しているようだ」とコメントしている。今回の件で彼女はお金をもうけたり、何かしらの利益をえようとしたものではないと、フォローのコメントもしているようだ。

彼女は自身のブログで「悪気はなかったけど、読者の皆さんにご迷惑をおかけしたことを申し訳ないと思っています」と謝罪しており、誠意をみせているが、読者の「騙された!」という気持ちはなかなか収まりそうにない。

フィクションなのかノンフィクションなのか、その部分はブログにおいて重要な部分だ。皆さんが読んでいるブログも、実はフィクションの可能性があるかも?

ウェブ炎上―ネット群集の暴走と可能性 (ちくま新書)
荻上 チキ
筑摩書房
売り上げランキング: 43756
おすすめ度の平均: 3.5

4 自分への戒めに感じます
5 良心的なメディアリテラシー入門書
4 過去の炎上事件簿としても楽しめる
5 「炎上」を切り口に、ウェブの生理を整理
3 文章や構成は良いんですけど…モゴ、モゴ、モゴ