pringles

イギリスの税関庁が、「お菓子の『プリングルズ』は原料にジャガイモがたくさん使用されているからポテトチップとする。よって、もっともっと課税するーッ!」と、裁判で『プリングルズ』の発売元であるプロクター・アンド・ギャンブル社(以下、P&G)と闘争。P&Gは「違うよ。ぜんぜん違うよ。ビスケットだよ」と、反論していた。

もしポテトチップだと認められてしまうと、『プリングルズ』に対して17.5パーセントの課税がされ、大きく価格が高騰することになる。このことについて英国裁判所の判決が下された。

判決内容は、「お菓子の『プリングルズ』はポテトチップじゃないと認めます」ということに。その判決に至った理由は何か? それは、『プリングルズ』に使用されているジャガイモの比率が全体の50パーセント以下であること、ポテトスナックの基準から大きく離れていることが大きな理由となっているようだ

このような裁判を起こしたイギリス税関庁に対し、イギリス人たちは「破産した政府は、お金のためなら何でもするんだ。『プリングルズ』を買うのを止めて政府に責任を押し付けようぜ!」という声も上がっている。

私たち日本人の観点からして、『プリングルズ』をポテトチップだと思っている人が多くいると思われる。しかし、P&Gは『プリングルズ』をビスケットとしており、ポテトチップとして販売をしていない。この判決を受け、「ビスケット買ってきて!」と言われて『プリングルズ』を買ってくる人が急増するかもしれない!?