sany0054

タイの首都・バンコクに、店名が『パンちゃん』なのにラーメン屋を営業している店があるという。この店は日本の料理を食べることができる食堂で、ラーメンや餃子、その他いろいろな日本式の料理を食べることができる(ラーメンも餃子も本来は中華だが、味が日本式なので日本の料理として書かせていただく)。

看板もメニューも日本語で書かれており、店頭には大きく『パンちゃんラーメン』という看板さえ出ており、話によると、『パンちゃん』のパンは、フランスパンや食パンなどのパンを意味しているという。やっぱり、ラーメン屋なのに店名にパンが付くとのはおかしい……。ということで、その真相を確かめるべくタイへと行ってみた。

そしてついに真相が判明した。女店主によると、「もともとパン屋だったんですヨー。でね、ラーメン屋にしたけどやっぱりパン屋だった頃の思い出もあるし、店名はパンでもいいかなぁーって思ったんですよー」とのこと。もともとパン屋だったから『パンちゃん』だったとは……。ちなみに、味はとても美味しい。特に餃子入りラーメンはオススメだ。