モンゴルにエロすぎる店が増加! その理由とは?

モンゴルの看板

モンゴルの看板

モンゴルの首都・ウランバートル市に、エッチな店が多くオープンしている。しかも、看板のデザインがあまりに露骨な性表現をしており、人々が多く集まる町の中心地にも出店している。このことについて、取材班はモンゴルへ飛んで町の人々にインタビュー取材をした。

子ども連れのモンゴル人夫婦はこう語る。「子どもの教育に良くないのはわかってる。だが、モンクを言ったところでなくなりはしないさ。会話に出さないで避けるしかないね」。

モンゴルは、とても性犯罪や性産業に対して厳しい国だ。それなのにこうして性風俗店が堂々と町で営業しているのは、いくつか原因がある。

まず、ウランバートル市内には多くの韓国企業が参入しており、韓国人たちがカラオケやサウナなどをしないに多く建設した。もちろん日本人もいるが、カラオケやサウナを日本人が経営しているケースは少ない。

問題なのは、韓国人たちがウランバートル市内に持ち込んだカラオケやサウナが、女性の売春の場と化している場合が多いのだ。もちろん、健全なカラオケやサウナもあるが、不健全なそれらの店が多くあるのも事実なのである。

異文化が、もともとあった国の色を変えてしまうことは多々ある。しかし、それが悪い方向へと流れていくのは誰も望まないし、自分勝手に文化をいじくりまわす権利は誰にもないのだ。

コメントをどうぞ

トラックバック

  1. トラックバックはまだありません。
  2. トラックバックURL

みんなのお気に入り

いま人気の記事

  1. 【興奮映像】うわあぁぁぁ! ビルから飛び降りる瞬間をGoProで撮影したヒヤヒヤ映像がすごい!! 31人
  2. 【別人級】プチからガチ整形まで! 中国人の美容整形もハンパないことがわかる画像16連発 28人
  3. 【世界美女教師探訪】思わず恋しちゃいそう!! 女神のように美しい担任の先生が発見される / 他校の生徒にも対応する天使ぶりで人気加速中! 23人
  4. 【衝撃検証結果】「5本指ソックス」は足が臭くならないらしい / 一日中はき倒してにおいを比べてみた 22人
  5. 【ベーシストに朗報】ウクレレサイズなのに低音の出る「モバイルミニベース」が素敵すぎる! ストラップが肩に食い込む苦しみから解放されるぞ~!! 16人
  6. 【レシピあり】ハンドブレンダーで大好きなローソンの『からあげクン』は再現できるのか?有名シェフの力を借りて実際に作ってみた 13人
  7. 17歳の青年が「メール速打ちのギネス世界記録」を更新! 神技のようなタイピングの早さにド肝を抜かれるぞ!! 12人
  8. 【閲覧注意動画】恐怖! 地上280メートルの煙突に登る男が命知らずすぎる!! 10人
  9. 今年大活躍したのに『パワースマッシュ』に錦織圭選手がいないのはおかしい! 発売元のセガに次回作について問い合わせてみた 10人
  10. 【閲覧注意動画】見ているだけで寿命が縮む! 超高層ビルの頂上に登ったロシア人たちが命知らずでヤバすぎる!! 10人